夫はふつうのごはんが一番好き。

筋トレに励む夫のための、高タンパク低カロリーかつガッツリ!なごはんとお弁当のレシピ。鶏ささみを毎日食べます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

文旦ピール

_MG_8366.jpg


毎年2月に土佐文旦が段ボールいっぱい送られてきます。

みずみずしくて、でも他の柑橘類ほど汁っぽくないので食べやすく、とっても美味しい。

毎朝一個ずつ食べるのですが、厚みのある文旦の皮をどんどん捨てるのがもったいなくなり、今年はピールを作ってみました。毎日皮が出るのでたくさん試作しました。

一般のレシピは大量にお砂糖が入るのですが、うちではずっと控えめに作っています。


------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
1クリックでも頂けたらとても嬉しいです。よろしくお願いします。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  

このあとはレシピをご紹介しています。
ぜひご参考になさって下さい。

------------------------------------------------------------
■■■文旦ピール■■■
材料
文旦の皮…1個分(約100g)、グラニュー糖(煮込む用)…60g、グラニュー糖(まぶす用)…適量

※一般のレシピでは皮と同量の砂糖を使うことが多いようですが、色々と試作した結果この分量(皮1個分約100gに対し砂糖60g)が私にはちょうど良い甘さでした。
※アク抜きの時間はお好みで調整してください。これも色々と試し、私はしっかりめにアク抜きしたものが好きでしたので 24時間浸水+15分茹でこぼし でレシピを書いています。

作り方
1.文旦の皮を24時間水に漬ける。途中一回水をかえる。

2.厚手の鍋に水を沸騰させ、塩小さじ1/2と水気を切った文旦の皮を入れ、沸騰した状態で15分煮る。
_MG_8349.jpg

3.湯を捨て、文旦の皮も軽くすすぐ。

4.鍋にふたたび文旦の皮、水50cc、グラニュー糖60gを入れ、大きいほうのコンロのいちばん弱い火にかける。
_MG_8350.jpg

5.時々混ぜながら水気がなくなるまで煮詰める。40分ぐらいして水気がほぼなくなってきたら小さいほうのコンロのいちばん弱い火に移し、さらに20分ぐらい。ぎりぎりまで水分を飛ばして乾燥させるが、最後のほうは焦げやすいので注意。※煮詰める間にかき混ぜすぎると形が崩れるので気をつけて下さい。
_MG_8351.jpg

6.広げて冷ます。
_MG_8353.jpg

7.グラニュー糖をまぶす。
_MG_8354.jpg

8.完成。完成後もできるだけ乾燥させておくと、日が経つにつれ食感が変わって楽しいです。
_MG_8366.jpg



オマケ

※手順5の弱火で水分を飛ばすところでは、焼き網等を使ってゴトクを重ねる技がおすすめです!
こんな感じ↓

_MG_8509.jpg

ただし危険ですので気を付けて下さい。

------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
1クリックでも頂けたらとても嬉しいです。よろしくお願いします。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  

今日もご訪問ありがとうございました。
------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

| おやつのレシピ | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://futarinokondate.blog46.fc2.com/tb.php/99-7e2edd14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。